住宅建築や建物の塗装・メンテナンスに当社が安全・安心な足場をご提供します。

仮設工事とは一般家屋やアパート・マンション、商業施設(店舗)、ビルなど様々な建物の建設・メンテナンス時に必要となる足場を組み上げる工事です。
低層階から高層階まで足場の設置・施工が可能なので、各種建物工事をお考えの際はお気軽にご相談下さい。

お客様のご希望と施工場所に最適な施工方法もご提案させて頂きます。

手すり先行総合システム「次世代足場」

次世代足場は一般低層住宅から中高層建築物まで幅広く使用できる優れた足場です。
作業床が設置される前に手摺を設置する為、組立をしている職人の安全も確保できます。

1層の高さが1800oの為、作業空間を広く取ることが出来ます。
そのため、鳶工・他職を含む足場上での作業者が、背中をかがめての重労働から解放され、作業効率の向上に繋がります。

低層階・戸建家屋向けの「単管一側足場」

本足場が設置できない狭い場所や塗装、軽作業用に使われるのが”単管一側足場”です。
木造建築工事の際は、低層の工事用足場として設置する事もあります。
単管、足場板、単管ジョイント、緊結金具、固定型ベース金具、そしてブラケットなどの部材により構成されています。

高さとしては原則、15m以下とされていますが建地など補強をする事で、それ以上の高さを設置することも可能です。

高層階・ビル・商業施設向けの「枠組み足場」

高層建築の足場では枠組足場を主に使用します。この”枠組足場”は、鋼製の足場を建物の外壁面に沿って設置するもので、建物の必要な高さまで積み重ねて組み立ることができます。
また、横の長さも必要な長さにまで自由に繋ぎ足すことができます。
高い強度と安全性を兼ね備え、組み立て・解体もスピーディーに行うことができます。

仮囲い

安全鋼板、ネットフェンス、ガードフェンスなど様々なニーズに応じた仮囲いを指示に従って迅速かつ丁寧に仕上げることで、外部・内部の安全を守ります。