建設現場で働きたいという若い男性スタッフ大募集!

首都圏エリアを中心に足場組立工事、仮設工事を行っている笹川架設です。
アパートやマンション、商業施設など低層から高層まで問わず、幅広い足場組立を行っています。

現在笹川架設では現場で活躍していただける若い男性スタッフを募集中です。
現場で活躍しているのは主に20代から30代の男性。

鉄パイプなどの資材を持ち運ぶこともあるので、ある程度は力に自信があって、外仕事が好きな方に向いている作業です。

業務の大まかな流れは建設現場に資材をトラックなどで搬入し、それを積み降ろしてから組み立てていきます。

高層ビルなどの場合はクレーン車を導入し、資材を上に運んでいくこともあります。
最初は特に資格など無くても問題ありませんが、いずれはクレーン車の資格、玉掛けの免許なども取得していただけると、作業の幅が広がります。

建築物は毎回異なるのですが、足場を組み立てる方法は基本的に変わりません。
踏み板を取り付けて作業台を作っていきます。

そして、建設自体に関わるわけではありませんので足場を組み立てた後に違う現場に向かうこともあります。
足場設営と撤去が、弊社の主な役割です。

ただ、依頼によっては足場を組み立てた後にそのまま修繕や塗装依頼をいただくケースもあります。
そういった作業も含めて、弊社が対応してきます。

とび職人として仕事に携わってみたい方、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

とび職人はどのようにステップアップしていくの?

「とび職人として働いても将来が不安」
「一生、力仕事をできるのか体力的に不安」

このように考えて、とび職として働くことに二の足を踏んでいる方も少なくありません。
ただ、とび職でも経験によってステップアップを踏める環境を、弊社では用意しています。

まず経験がない方は見習いとして現場で業務に携わって頂きます。
最初は資材の搬入など雑務的なことをお任せすることも多くなります。

そして徐々に資材の名前や組み立て方法などを覚えていただき、鳶職人として他の方と同じ作業を行っていただきます。

ハンマーやトンカチを使ってブラケットやジャッキ、踏み板を使い、足場を組み立てていきます。

そして弊社の場合、足場を組み立てる作業が身についてきて、他のスタッフに指導できるような立場になれば、副職長としての役職についているスタッフが多いです。

そしていずれは職長、さらには現場管理者という立場へとステップを踏んでいきます。

現場監督としての立場になるまでは、見習いとして始めて10年以上が経過した段階です。

逆にいうと、若いうちから現場で活躍していれば30代で現場監督の責任者を任せられるぐらいまでステップアップすることができます。

是非、笹川架設で一緒に働きましょう!

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

建築現場で足場を設置するスタッフを募集中!

埼玉県所沢市に拠点を置く笹川架設では関東一円を対象とした仮設工事や足場工事を行っています。

現在、笹川架設では足場の設置を行って頂けるスタッフを募集しています。

高層ビルでの作業もあるため、とび職人として必要なことは何よりも度胸!

経験がある方ももちろん大歓迎ですが、未経験の方でも現場で頑張ってみたいという気持ちがあるなら問題ありません。

ただ、ある程度体力的な部分や作業の飲み込みという部分も大事になってきますので、10代から20代の方は未経験可としていますが、30歳以上の方は経験者に限定させていただきます。

東京を中心に首都圏は日々、マンションやオフィスビル、アパートなどの建設が行われています。
そういった建設現場に足場は欠かせないものです。

迅速に組み立て、安定感のある土台を作ることが求められます。

2、3階程度のアパートなら低層まで済みますが、高層マンションともなると高さ数十メートルになることも!

そういった高さで作業することもありますので、高所恐怖症の方などはちょっと難しいかもしれません。
ただ、作業中は当然安全確保のハーネスなどを着用の上、業務に携わることになりますのでご安心ください。

足場組立工事のとび職人に興味のある方、ぜひ一緒に働きましょう!

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

足場組立はどのぐらいの期間で設置できるの?

東京中心に首都圏エリアで足場組立工事を行っている笹川架設です。
笹川架設はご要望があった建物の足場を組み立て、その都度違う場所で作業しています。

1ヶ月で10カ所以上回ることもあるぐらいです。
「足場はどれぐらいで組み立てられるのか」とご質問をいただくことがあります。

足場の規模によって違うので一概に言えませんが、例えは住宅程度の足場組立でしたら1日で組み立てられますし、解体に関しては半日もあれば十分です。

低層のアパートやマンション程度でしたら足場組立は2、3日程度、解体に関しては1日で取り外せるケースもあります。、

しかし、高層マンションやビルになってくると時間がかかります。
その場合は足場組立が1週間から2週間程度、解体も数日かかります。

弊社は低層、高層問わず様々な建物の足場組立を行っているため、現場作業期間もまちまちです。
3日程度で業務が完了することもあれば、2週間3週間同じ現場で作業することもあります。

ご依頼があった場所に行って作業する形なので、特定の勤務場所はありません。
ただ、基本的に首都圏エリアの作業が多く、その中でも都内近郊が多いです。

弊社は埼玉県所沢市にありますが、こちらに来社していただくことはほぼないと考えて構いません。
ほとんどの作業員が現場に直行直帰しています。

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

足場組立作業が未経験でも現場で働くことはできるの?

首都圏エリアを中心に足場組立作業を行っている笹川架設です。
笹川架設に就職して作業していただいている方のほとんどが業界未経験で仕事を始めています。

現場に入って初めてどんな道具を使うのか、どんな資材を使うのか知ったという人も多いですよ。

ただ、入社前にはどんな作業をするのか、ある程度イメージしておくと良いかと思います。

足場組立は建物の周りを取り囲む鉄製の資材を使用します。
建物の建設に役立ったり、あるいは塗装作業や補修作業にも役立ちます。

鉄製の資材はハンマーなどでつなぎ合わせて固定し、組み立てていきます。

そして作業を終えた後は速やかに解体し、資材をトラックに搬入し、次の現場へ向かう形です。

弊社は足場を組み立てるのがメイン活動になりますので、足場を組み立てた後の建設には関わりません。
塗装を行うこともありますが、基本的には各現場の足場の組立て、解体作業が多くなっています。

建物の形状や周辺環境によっては、狭い作業スペースで足場を組み立てなければいけないこともあります。
そういった時は周りの建物や交通に影響がないよう、養生シートで囲いながら作業していきます。

落下や飛散を防ぐための処置で、危害を加えないようにするためには必ず行う作業です。
未経験でも現場でこういったことを1から学んでいただければ問題ありません。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら